シール剥がしの裏技!スプレーなしの代用でも跡のベタベタをとる!

子供がいると、テーブルの上や冷蔵庫など、いたるところにシールを貼られてしまい、剥がすのに苦労しますよね。特にシールを貼って時間が経ったものは剥がしにくいです。

シール剥がしのスプレーがなくても、代用品でシールをキレイに剥がす裏技があるので、ご紹介いたします!

シールをきれいに剥がすには

シール

『シール剥がし』というスプレーが売っていますが、それを買わなくても家にあるものでシールを剥がすことができます^^

用意するもの

・ドライヤー

・消しゴム

まず、ドライヤーでシールに熱風をあててます。そうすることでシールの粘着部分が溶けて剥がれやすくなるのです!この時、熱風で手をやけどしないように気をつけましょう!

熱風をあてながらシールを剥がすと、シールの紙の部分はほとんど剥がれて、このように粘着部分だけが残ってしまう場合があります。

シール跡

この剥がした跡も嫌ですよね^^;

この跡はどうやって剥がすかというと、消しゴムでこすります!

そうすることで剥がした跡もキレイに取れます^^

ドライヤーで温めながらシールを剥がし、剥がし残りは消しゴムでゴシゴシ☆簡単ですよね(●^o^●)

ただし、コーティングがされていないものに対して貼られたシールは、この方法だとキレイに剥がれないこともあるようです。

ガラス瓶に貼られたラベルをキレイに剥がすには?

ガラス瓶、ラベル

シールを剥がすのも大変ですが、ガラス瓶に貼られたラベルをキレイに剥がすのも、なかなか大変ですよね~!ガラス瓶についたラベルを剥がし、残ってしまった部分にはサラダ油を染み込ませて、キッチンペーパーでこすりとるとキレイに剥がせます!

お試しあれ~^^

その他の剥がしにくいもの

スポンサーリンク

それ以外の、日常の中で剥がしにくいものを剥がす方法を紹介いたしますね。

キャベツの葉をキレイに剥がす方法

ロールキャベツを作るときなど、キャベツの葉を1枚1枚キレイに剥がしたいですよね。けれど、なかなかキレイに剥がせないことが多いかと思います。

キャベツの葉をキレイに剥がすには、まず芯の部分に切り込みを入れます。

そして、切り込みを入れたところに水道の流水をあてます!そうすることで、葉とキャベツ本体の隙間に水が入り、キャベツの葉1枚がキレイに剥がせるというわけです^^

納豆のフィルムをキレイに剥がす方法

納豆についている透明のフィルムは、納豆の乾燥を防ぐための重要な役割を果たしているそうですが、普通に剥がすと大豆が1粒、2粒ついてしまうんですよね^^;

ちょっとイライラ・・・

ですが、そんな納豆のフィルムを、大豆を付けずにキレイに取る方法があります!

それは、フィルムの端を持ってスライドさせるように取るだけ!とっても簡単ですよね^^

剥がす場所を見失ったラップを剥がす方法

剥がす場所が分からなくなってしまったラップは、剥がすのが大変です。そんな時に使うのがセロハンテープ!セロハンテープでラップにぺたぺた貼ってみると、剥がす場所を見つけられます^^

 

どれも日常生活の中で経験があることではないでしょうか?

ぜひ参考にしてみてくださいね☆

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ