【画像】斎藤工の自宅がオシャレでカッコイイ!オススメ映画は?

俳優の斎藤工さん(33)が1月18日(日)放送の情熱大陸に出演し、一人暮らしをしている自宅を公開しました!

スポンサーリンク

斎藤工の自宅がカッコイイ?

斎藤工

斎藤工さんは、映画製作会社に勤めていた父親の影響で幼い頃から映画館によく通っていたということがあり、大の映画好きです。そのため、自宅もこんな感じでした。

斎藤工、自宅

ミニシアターですね♪斎藤工さんは、いつもこんな風にして自宅で映画を見ているそうです。この空間だけ時間が止まっているような、そんな感覚が好きとのこと^^

斎藤工、自宅

自宅でくつろぐ斎藤工さんもカッコ良いですね!!

斎藤工さんは、映画に恋い焦がれて19歳でスクリーンデビューしました。

そのため、キャリアはなんと15年!!

売れない時期が長かったことから、自分を取り巻くまわりの変化に浮かれることなく、クールに受け止めているようです。本人いわく、『世間に無視されることに慣れている。ここで勘違いした行動をしたら自分は終わる』と思っているようです。

今に至るまでは苦労してきたんですね。

こんなにも人気者になった斎藤工さんですから、もう少し浮かれても良いのでは?と思いますけどね^^笑

けれど、謙虚な姿勢がとても素敵です。

斎藤工は映画監督も!

斎藤工、監督

映画が大好きな斎藤工さん。実は映画監督もしていました!!しかもすでに3作品。そのうちの1作品『半分ノ世界』の予告編はこちら。

斎藤工さんは出演する側だけではなく、監督も務められていて本当に映画が好きなのがわかりますね。

斎藤工さんの自由な発想は、子供の頃通っていた『シュタイナー学園』で培われたようです^^ちなみに『シュタイナー学園』とは、「芸術としての教育」「自由への教育」を行う全日制の私立小・中・高の12年一貫校です。

「芸術としての教育」「自由への教育」とは、斎藤工さんにぴったりな感じがしますね。

シュタイナー学園は私立の一貫校でしたが、斎藤さんはサッカーの強い公立中学校に通うために、小学6年生の時に地元の公立小学校に転校しました。

スポンサーリンク

斎藤工のオススメ映画は?

映画に人生をもらい、映画に励まされてきた斎藤工さん。そんな斎藤工さんがオススメする映画を斎藤さんのコメントとともにまとめました。

恋がしたくなる映画『スリ』

スリ [DVD]

ヒロイン役のマリカ・グリーンに惚れちゃいます。男女問わず惚れちゃいます。もうね、献身的で神秘的で終始ドキドキ。絶対好きになっちまいまっせ。ちなみに彼女は、『007 カジノ・ロワイアル』のヒロイン、エヴァ・グリーンの伯母に当たります。”ヒロインに恋をする”これこそ映画の基本でしょう。主役のマルタン・ラサールも素敵男子なので女性にもオススメ。

出典:ハロマグ

 

 人にオススメしたいベスト1DVD

『生きるべきか死ぬべきか』

生きるべきか死ぬべきか [DVD]

ビリー・ワイルダーが師事し、生涯越えれなかったエルンスト・ルビッチの傑作。ルビッチフリークの父親の影響で高校の時くらいに観て、その時は余り理解出来てなかったけれど最近再び観直して痺れました。第二次大戦直前のワルシャワ「ハムレット」を上演中の劇団で浮気症のヒロインとその夫をめぐる最っ高の爆笑コメディ。タランティーノをはじめ、多くのクリエーターに影響を与えている監督・作品だと思います。DVD化はだいぶ前にしていますが、ジェネオンから美しいプリントのDVDが発売になったので観てない人&久々な人、今こそオススメです。

出典:ハロマグ

 

思い切り笑えるDVD『鴛鴦歌合戦』 

鴛鴦歌合戦 [DVD]

サムライが突然ジャズを唄い出すオペレッタ映画。最近観て一番笑ったDVDです。邦画の父と言われるマキノ作品(当時31歳!そして113作目!)。そして戦前の邦画にもこの機会に触れて頂けると幸いです。全っ然古くなく寧ろ斬新に観れますし、この時代特有の人情・懐の深さには幸せを貰えます。

出典:ハロマグ

芸能界1の映画通と言われている斎藤工さんが選ぶ映画なので、ぜひ見てみたいですね♪

斎藤工さんは現在映画やドラマ、バラエティのオファーが殺到している俳優さんです^^今後はどんな役柄でテレビに登場するのか、とても楽しみですね!!

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ