雪道運転で気を付けることや注意点!安全な方法やブレーキの踏み方

雪道での運転はとても危険ですよね。雪でタイヤが滑ってしまってブレーキが効かず、前の車や物、人などに追突してしまったら大変なので、雪道での正しい運転の方法を覚えておきましょう。

雪道での運転で気を付けることは?

雪道 車

雪道での運転で特に事故が多くて気をつけなければいけないのが、スリップです。スタッドレスタイヤを履いているからとは言え、運転の仕方を誤るとスリップしてしまいます。スタッドレスタイヤを過信しすぎるのは危険です。

雪道での運転はこのようなことに気をつけましょう。

・急発進、急ブレーキは絶対に禁止

急発進をしようとすると、タイヤが空回りして動かない場合があります。

急ブレーキをするとタイヤが雪の上で滑ってしまい、停車したくてもできずに前の車に追突してしまう危険性があります。

発進するときにはアクセルをじんわりと踏み、ゆっくりと進むようにしましょう。

ブレーキを踏むときには、あらかじめ早めにアクセルから足を離して減速します。そして、エンジンブレーキを使って速度を調整します。

車間距離をあける

前の車との車間距離をあけましょう。雪の日は急ブレーキを使えないので、車間距離は多めにとっておくに越したことはありません。

車間距離を十分にとって、ゆっくりな速度で運転しましょう。

坂道の注意点

下り坂の時は、坂に差し掛かる前から減速しておきましょう。フットブレーキとエンジンブレーキで速度をコントロールします。発進時はじんわりとアクセルを踏み、ゆっくりと発進します。

上り坂の時は、平坦な道よりもタイヤが空回りしやすくなるので、発進時と同じようにじんわりとアクセルを踏みます。坂の途中ではなるべく停車しないようにしましょう。

雪の日に特に気を付ける道

雪の日の運転で、路面が凍結しやすいために特に気を付ける道路があります。それがこちら。

・坂道・・・上記の通りで、上り坂ではじんわりとアクセルを踏み、ゆっくり発進してなるべく途中で止まらずに上りきります。下り坂ではハンドルをとられやすくなるので、フットブレーキとエンジンブレーキを使って減速します。

・橋の上・・・橋の下からの冷たい空気と橋の上からの冷たい空気、Wで冷やされるためとても凍結しやすいです。

・トンネル・・・他の道路よりも気温が低いため、注意が必要です。トンネルの中に雪がないために気が緩み、スピードを出しすぎてしまってそのままトンネルの外へ出ると大変危険です。

・狭い道・・・車があまり通らないような狭い道、裏道は雪の日はとても危険です。雪の日はなるべく広い道路を利用しましょう。

・夜間早朝の道・・・昼間は水で濡れていただけの道でも、夜間早朝は凍結してツルツルになっている場合があるので、注意が必要です。

・市街地・・・ブレーキと発進の繰り返しで、路面が凍ってしまうことが多いようです。信号の停止線では手前の方で停止し、信号が青になってもすぐに発進せずに一呼吸おいてから発進しましょう。

赤信号で止まりきれなかった車が横から出てくる可能性があるためです。

自分の身は自分で守りましょう!

 

雪の日は、いつもよりもかなり時間に余裕をもって出発しましょう!速度がゆっくりだったり、事故による渋滞や通行止めがあることが多いです。それらも想定すると良いですね^^

雪の日の運転は十分にお気をつけくださいね!

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ