熱中症対策の食べ物は梅干しだけじゃない!効果的な飲み物食べ物まとめ

今年も初夏から真夏日記録するなどして、熱中症で病院へ運ばれる方がでてきていますね。

今年の夏は猛暑の予報も出たので熱中症対策が必要になってきます。そこで、熱中症対策として効果的な飲み物や食べ物を紹介致します。

熱中症対策に効果的な食べ物とその摂取方法

熱中症対策、食べ物、梅干し、効果、飲み物

熱中症対策と聞けば、飲み物を思い浮かべますが、食べ物でも予防するとができます。手軽に摂取できるものもあるので、ぜひ参考にしてみてください^^

梅干し

熱中症対策、食べ物、梅干し、効果、飲み物

塩分も豊富で熱中症対策に必要なクエン酸ナトリウムや、塩化カリウムも含まれているのでとても便利な食品です。
おにぎりの具を梅干しにして海苔で巻いて食べるだけでも、熱中症対策ができるのです。

スイカ

熱中症対策、食べ物、梅干し、効果、飲み物

90%以上が水分で、糖分やカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル分も含まれているので熱中症対策につながります。スイカに塩おかけて食べると塩分補給も出来ますので、理に適った食べ方といえます。

冷たいお味噌汁

熱中症対策、食べ物、梅干し、効果、飲み物

暑い季節には、熱々のお味噌汁は飲みにくいですよね。そこで冷たいお味噌汁にすると飲みやすく、また塩分補給ができます。

おすすめの具は・・・

ほうれん草、里芋、じゃがいも、玉ねぎ、ネギ、人参 などです。

夏野菜サラダ

熱中症対策、食べ物、梅干し、効果、飲み物

夏野菜には体を冷やし、水分量が多いものが多いので旬の野菜を食べることも熱中症対策になります。
代表的なものは、きゅうり、トマト、トウモロコシ、オクラなどがあります。

熱中症対策に効果的な飲み物と摂取方法

熱中症対策、食べ物、梅干し、効果、飲み物

私、普段からあまり水分を摂らないんです。私みたいな人が脱水症状が慢性化していて気づいた時には遅いという事になりやすいので、気をつけてください。

みなさんはどんなものを飲んでいますか?

熱中症対策で飲み物を飲む際、気をつけて頂きたいのがただ水を飲めばいいというだけではありません。

汗と共に塩分も体から出ているので、ナトリウムカリウムも摂取していただきたいのです。

os-1のような経口補水液は熱中症対策にはおすすめです。

大塚製薬オーエスワン(OS-1) 500mlX24本

 

熱中症予防用のものなので、ナトリウムやカリウムも多めに含まれています。ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクと違い、甘さが控えめです。

警備員など炎天下で仕事をしている人は、会社からos1を配られるようです^^

また、熱中症対策の飲み物は自分でも簡単に作ることができます。

よかったら試してくださいね☆

水1l
砂糖25g
塩2g
上の分量を混ぜて、あとはお好みでレモンなどの果汁をいれるだけ!簡単に手作りドリンクのできあがりです。

水分補給をする際気をつけて欲しいのが水中毒です。

水中毒とは、過剰な水分摂取により、細胞が膨化、めまいや頭痛、重症化すると、死に至る事もあるので要注意です。

いつの間にか熱中症!?

Sponsored Link

気をつけていないと、気づいた時にはもう熱中症になっていた、なんて事がほとんどなのです。その熱中症の原因をお話ししますね。

まずは熱中症になりやすい環境についてです。

真夏によくある気温や湿度が高く、日差しが強く、風が弱い日は注意が必要です。

また、急に暑くなった日や締め切った室内、エアコンが付いてない部屋などはうっかりしがちです。

熱中症になりやすくするのは、身体の状況や年齢層によっても違ってきます。

特に気をつけて頂きたいのが、乳幼児や高齢者です。子供の場合は自分で主張できない場合もありますし、高齢者の場合は暑さを感じづらくなる傾向にあるため、気づかなかったりするので周りがちゃんと見てあげないといけません。

若い方でもこんな方は要注意です。

・体調が優れない

・下痢など脱水症状に陥りやすい状況

・糖尿病などの持病を持っている

・低栄養状態の方

これら場合には、ちょっとしたことで熱中症になりやすいので注意が必要です。

何気なくしている日々の行動にも原因があります。

・なかなか水分補給ができない状況

・激しい運動

・屋外で長い時間作業を続ける

これらの行動によって熱中症が引き起こされる場合があります。お気をつけ下さいね!

まとめ

先人の知恵といいますか、昔の人は改めて凄いなと思いました。

旬の野菜も体を冷やす効果があったり、水分量が多いものが多かったりと、うまくできてるなぁって感心してしましました。

熱中症対策の飲み物も自宅で簡単にできるので、ぜひ取り入れていきたいですね。

老若男女関係なく、熱中症のリスクはあるので今年の夏は熱中症対策を万全にして、健やかに過ごしましょうヽ(=´▽`=)ノ

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ