熊野花火2016の日程や見どころ!渋滞回避方法や穴場スポットは?

三重県の熊野花火の日程や渋滞に関する情報、穴場スポットなどをご紹介いたします。

花火大会があると渋滞などに巻き込まれてしまい、小さい子供を連れている場合なんとか回避したいですよね。なので、ぜひチェックしておきましょう☆

熊野花火2016!日程と開催場所アクセス

熊野花火2016、日程、見どころ、渋滞回避方法、穴場スポット

全国各地で花火大会が行われる季節になりました♪

ツアーが組まれるほど人気もある熊野花火ですが、今年の日程はどうなっているのでしょうか?

開催日: 2016年8月17日(水)
時間 :19:00〜21:30
会場 :七里御浜海岸
住所: 熊野市
駐車場:4000台
交通規制:12時〜24時の時間帯に車両通行禁止や一方通行などの規制あり

問い合わせ 熊野市観光協会
0597-89-0100

アクセス
電車
JR紀勢本線熊野市駅より徒歩5分

熊野尾鷲道路熊野大泊ICより国道42号線を七里御浜方面へ2k

大変人気のある花火大会のため、思っているよりも早く満車になったり、渋滞したりしますので、午前中に着くぐらいの気持ちで行く方がいいですよ。午前中に満車の駐車場も出るくらい人気です!

バスツアーや限定の電車を利用したり、思い切って近くにホテルに宿泊するなどしてみても良いと思います。

熊野花火の見どころは?

昨年は1万発を打ち上げた熊野花火ですが、熊野花火大会の見どころは大きく3つあります。

1、海上自爆
観客の目の前を、全速力で走る2隻の船から点火した花火を次々投げ入れて、海上での花火を見ることができます。花火の火の粉が走る姿はスリルもあり、よく見る花火とは全く違ってみえます。
なんといっても、目の前の、海上で花開く様子はとても神秘的です。


 

2、3尺玉海上自爆
400m沖合に浮かべた鉄骨製のいかだに重さ250kの3尺玉を設置。爆発した時の、直径600mの半円の美しさは圧巻です。
ビックリするぐらい大きく華やかに見える3尺玉、海上に開いた花火は観客を飲み込みそうな迫力があります。


 

3、鬼ヶ城大仕掛け
熊野花火大会のフィナーレになります。国の名勝天然記念物でもある、鬼ヶ城の岩場や、洞窟を利用して行う仕掛け花火の演出は、言葉では言い表せないほどの大迫力です。
ことらもフィナーレにふさわしい仕掛け花火で、毎年凝っているのが特徴です。巨大な色とりどりの花火は空にお花畑を描いているようでとても素敵です。


 

熊野花火2016!ここが穴場だよ!

熊野花火2016、日程、見どころ、渋滞回避方法、穴場スポット

花火を見るには是非とも穴場で見たい。そんな熊野花火の穴場スポットを紹介します。

席を確実にとって、尚且つ見やすいところといえば熊野市の観光協会が販売している有料浜席です。

インターネットでも販売されるのでゆっくり楽しみたい方はおすすめです。1マス定員5名1万円、半マス定員2名6千円と少しお高めな気はしますが、ゆっくり見られるかと思います。

獅子岩あたりですが、こちらは、場所取りなどであまりバタバタしたくない、落ち着いてみたいという方にはとってもオススメです。

獅子岩から南、この場所は花火全体を見ることができます。しかし、鬼ヶ城大仕掛の場所からは少し距離があるので迫力が劣ります。花火大会を撮影するにはおすすめです。

会場からは1kほど離れてしまうでうが、花の窟神社だと落ち着いて見ることができます。人混みが苦手なんて方にはオススメです。

熊野花火の帰りの渋滞を回避するには?

スポンサーリンク

毎年帰りの時間になると国道42号線は大混雑です。0:20分頃まで渋滞は解消されません。

そこで簡単な迂回路を紹介します!!参考にしてみて下さいね^^

大阪南部、和歌山、田辺方面
国道311号を紀和町方面へ行き、国道169号から国道168号には入り、和歌山県本宮町経由で再び国道311号へ入ります。和歌山県田辺市へはいり、南紀田辺ICから阪和自動車道へ入ります。

大阪、奈良方面
国道311号を紀和町の方向へ行き、風伝トンネル出口を右折して県道40号を通り紀和町赤木、熊野市育生町長井を経て県道34号、奧瀞橋を渡り、国道169号へ、不動トンネルで、県道299号へいき、国道169号を吉野方面へ行きます。

名古屋、鷲尾方面
国道42号の熊野市大泊町大泊交差点を右折します。国道311号新鹿方面へいき、国道311号で鷲尾市内へ入り、再び国道42号へ行きます。

国道311号を紀和町方向へいき、風伝トンネル出口を右折して県道40号へ入ります、紀和町赤木、熊野市育生町長井を経て、県道34号の奧瀞橋を渡り国道169号へはいります、七色ダムを経由し、桃崎大橋を渡り右折します、国道309号を経由して国道42号方面に入ります。

まとめ

熊野大花火大会2016は8月17日(水)に七里御浜海岸で開催されます。

駐車場は4000台分の用意がありますが、早くから満車になるところもあります。

交通規制に関しては、12時〜24時の時間帯に車両通行禁止や一方通行などの規制があるので注意してくださいね!

花火を見るには少し高いけど、有料浜席が1番迫力があってオススメ!

熊野大花火大会の見どころは迫力のある海上自爆二、三尺玉そして祭りのフィナーレを飾る鬼ヶ城大仕掛です。

ぜひこれらをチェックして当日を楽しんでくださいねヽ(=´▽`=)ノ

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ