退職届と退職願の違いや書き方は?封筒の色やサイズ、入れ方も!

退職届と退職願の違いをご存知ですか?実はよく知らない人も多いです。

この記事では、退職届と退職願の違いや書き方、また実際に提出する時の封筒の色やサイズや入れ方についても解説いたします!

退職届と退職願の違いとは

退職届、退職願、違い、書き方、封筒、色、サイズ、入れ方

ええ~同じ意味でしょ?と思う方が多いと思います。でも実は、全然意味合いが違うのです。

そもそも『退職届』と『退職願』は、どちらも自己都合で退職を希望する時に提出するものです。

労働者側が、自分の退職意志を会社に告げる方法と、会社に『退職を希望』という形で提出する形があります。

退職願の場合は、雇用者側の合意を得られたら退職という事になります。

まずは希望を告げるという意味合いも含まれて、『願い』という事なんですね。加えて、会社からの判断を仰ぐ事を言います。 もしこの1字がとても大きな意味を違いになっています。

退職届の場合は、万一提出後に考えが変わり残りたいと思っても、退職届の提出後は決定した事として扱われるために勤務続行は出来ません。

ですが、「退職願」になると、どうでしょう?

会社の合意を得る事が出来ると、勤務続行の権利は発生するのです。

実に、大きな1字ですよね・・・

提出後にもしかしたら『会社を辞める』という意思が変わるかもしれないという場合は退職願を。

いや!『会社を辞める』という意思が変わることは絶対ない!絶対に辞めてやるんだ!という場合には退職届を出すと良いでしょう。

退職届と退職願の書き方

退職届、退職願、違い、書き方、封筒、色、サイズ、入れ方

退職届と退職願の書き方の基本はペン書きがいいですね。

決まりはありませんが、一般的には縦書きでA4かA5の便箋を使用します。

万年筆かボールペンを使って下さい。インクは黒です。

退職届と退職願の例文はこちら。

退職届、退職願、違い、書き方、封筒、色、サイズ、入れ方

 

ちなみに封筒の書き方はこちらです。

退職届、退職願、違い、書き方、封筒、色、サイズ、入れ方

 

例文のとおりに書けば、まず間違いはないですね^^

ぜひ参考にしてみてください。

封筒の色やサイズは?

スポンサーリンク

書面が出来たら次は、封筒ですね?

サイズは、4種類あります。一般的に、退職願・退職届に使用されている物はB5になります。

「角がたたない封筒」なんてよくサイト上には書かれている事ありませんか?

確かに、退職に関する書類は非常にデリケートで、ナーバスな側面が多く含まれています。

 自分の意志表示を会社に受け入れて貰う物になりますから、退職交渉に相応しい事が肝心。自分の名代の様物です。

 封入の作法を守り、汚れや折れ等がないか細心の注意が必要です。

「白封筒」がいいですね。できれば郵便番号が印刷されていない白い無地の封筒が好ましいです。

これは、あらたまった事項に相応しいと言われいます。

茶封筒は、NGです。事務的用途が主です。安価で、退職願・退職届にはマナー違反です。

退職届・退職願の封筒への入れ方

退職届、退職願、違い、書き方、封筒、色、サイズ、入れ方

退職届を入れる時には巻き3つ折りで入れる折り方が推奨されています。

退職届を下から丸め、その上から上側を丸め均衡させます。

様々なサイズの封筒があり、折らずに退職届を入れる物もありますし、巻3つ折が入らない封筒をお使いの時は、4つ折りでも大丈夫です。

 

退職届や退職願を書いて提出するのは、そんなに頻繁にあることではないので意外と知らないこともあったと思います。

実際に退職に関する書類を提出する際には、円満退職という事がベストですよね。

この円満退職するためにも、 退職届や退職願の書き方・封筒・入れ方・折り方という事も、誠実に行う事が肝要なのです。

長い間お世話になった会社であれば、最後迄勤め上げた証としても、最後も誠実な書類で終わりたいものです。誠実に勝るものはありませんよね。こうした見えない姿勢も、きっと転職後に生きると思いますしね。

退職届や退職願の書き方、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ