耳の外側が痛い原因は?耳鼻科にて耳介軟骨膜炎と判明。治療期間は?

ある日突然『耳の外側が痛い・・・』という症状に襲われました。耳の外側、軟骨部分です。

耳鼻科に受診したところ『耳介軟骨膜炎』と診断されました。

耳介軟骨膜炎の原因や治療の内容、治療までにかかった日数を公開いたします。

今『耳の外側が痛い・・・』と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

Sponsored Link

耳の外側が痛い!その症状はある日突然やってきた

4月30日・・・朝起きると、突然耳の外側、軟骨の部分が痛いな~という症状が起きました。

鏡で見てみると、なんとなく赤く腫れているような気がしました。でもまぁ我慢できる痛みだし、冷やしておけば治るかなーなんて思い、様子を見ることに。

5月1日・・・寝て起きても、やっぱり痛い!!耳の外側が痛いよ~

ちなみにその時の耳の様子がこちら。

耳の外側が痛い 耳介軟骨膜炎 原因 耳鼻科

あまりパッと見はあまり腫れている感じはしないですかね。耳の軟骨がそこまでパンパンに腫れるというほどではなかったのですが、明らかにいつもよりは赤く腫れている!と感じました。

 

正面から見るとこんな感じ。

耳の外側が痛い 耳介軟骨膜炎 原因 耳鼻科

 

ちなみに痛みのない、健康な方の耳はこちら。

耳の外側が痛い 耳介軟骨膜炎 原因 耳鼻科

 

比べてみると、やっぱり赤枠で囲ったところが赤く腫れています。

耳の外側が痛い 耳介軟骨膜炎 原因 耳鼻科

 

じんじん痛くて少しかゆい。痛痒い感じがしました。耳が痛いせいでこめかみや頭まで痛くなってきました。

また、耳の付け根の部分も触ると腫れていて痛みがありました。

耳の外側が痛い 耳介軟骨膜炎 原因 耳鼻科

 

たまたま5月1日に友達と会っていたので、友達に腫れた耳を見せると『ポツ、ポツって赤くなってるからきっと虫刺されだよー』

と言っていて『オロナインでも塗っておけば治るんじゃない?』という、適当なコメントをもらいました。笑

オロナインはなかったのでワセリンを塗り、保冷剤で冷やしながら寝てみました。

 

5月2日・・・ワセリンを塗って、保冷剤で冷やしながら寝ても、赤く腫れ、痛痒い症状は相変わらずおさまらなかったので耳鼻科を受診することに。

もし完全に虫刺されだという心当たりがあれば皮膚科の方が良かったのかもしれませんが、耳の軟骨が痛いことと耳の付け根も痛いことから、私は耳鼻科を受診することにしました。

ちょうど、ゴールデンウィーク中の平日だったので『今日行かないと耳鼻科が休みになってしまう!』という気持ちもあり、受診しました。

耳鼻科を受診した結果

耳の外側が痛い 耳介軟骨膜炎 原因 耳鼻科

耳鼻科を受診し、診断された結果は『耳介軟骨膜炎』でした。

耳介軟骨膜炎とはどんな病気か

 耳介は、軟骨の上に薄い皮下組織をおいて皮膚におおわれています。とくに耳介前面は皮下組織が少ないために、感染や機械的刺激により炎症が軟骨膜に容易に及びます。ひとたび軟骨膜に炎症が及ぶと耳介全体に波及し、耳介の腫脹(しゅちょう)(はれ)・血腫・変形を来します。

原因は何か

 耳介の外傷(虫刺され、裂創(れっそう)、打撲(だぼく)、圧挫(あつざ))や感染に続いて発症します。ヘルメット着脱時の圧挫に伴う耳介血腫(じかいけっしゅ)およびピアスなどの機械的刺激に感染が加わり、耳介軟骨膜の炎症と、それに起因する軟骨膜下の浮腫や滲出液(しんしゅつえき)および出血が生じます。

 感染の原因菌はグラム陰性菌、とくに緑膿菌(りょくのうきん)が多いとされ、ほかにブドウ球菌やプロテウス属などが検出されます。時に耳介ヘルペスの続発症としてみられることもあります。

引用元:gooヘルスケア

 

私が病院で言われたことは『何らかの原因でばい菌が入ったことによる軟骨の炎症』ということでした。

自分では虫に刺された記憶がなかったのですが、gooヘルスケアにも原因の中に『虫刺され』もあるので、もしかして虫に刺されてそれが原因でばい菌が入ったのかもしれません。

また、私は家で1日1時間~2時間ほどヘッドホンを付けているので、それで耳介が擦れてばい菌が入ったのかなぁ?とも思いました。

Sponsored Link

耳介軟骨膜炎の治療は?

耳鼻科に受診する前は、何か痛いことされるかな~と少し怖かったのですが、実際は耳を見て触りながら症状を確認されるだけで、あとはお薬を処方されて終わりました。

最初に受診した時には、化膿止めの飲み薬(錠剤)を4日分処方されました。

『薬を飲み終わったらまた来てください』と言われました。

5月6日・・・処方された薬を4日分飲み、症状はと言うと腫れは少し引きましたが、まだ痛い。

完全に治っていない様子でした。

2回目の受診をすると『良くなっているね』とのこと。この日は化膿性皮膚疾患やじんましんを治すという漢方薬を5日分処方されました。

『また飲み終わったら来てください』と言われました。

漢方薬は顆粒なのですが、とにかくマズイ・・・!それが大変でしたね。

5月16日・・・漢方薬を飲み終え、大分症状は改善されました。痛みは良くなりましたがかゆみがある状態。

受診すると、湿疹や細菌による皮膚の炎症を治すための軟膏を処方されました。

この軟膏は『かゆくなったときだけ、かかずに塗ってください』とのこと。

耳鼻科への受診はこの日で最後となりました^^

この時点で耳はこんな感じでした。

耳の外側が痛い 耳介軟骨膜炎 原因 耳鼻科

写真だと分かりづらいのですが、かさぶたのような状態になっていました。

もうこの頃になると痛みはなく、かゆみがありました。

その後軟膏を塗って完全に治りました(*^^*)

まとめ

治療期間と内容をまとめます。

4月30日・・・耳の軟骨に痛み&腫脹

5月2日・・・耳鼻科受診。化膿止めの錠剤を4日分処方される。

5月6日・・・耳鼻科受診。化膿止めの漢方薬を5日分処方される。

5月16日・・・耳鼻科受診。皮膚の炎症を治す軟膏を処方される。

完全に治るまでは20日程かかりました!

『ただ耳の軟骨がちょっと腫れただけ』と思っていて、数日ですぐ治ると思ったのですが意外と長引きました(・_・;)

耳の疾患侮るべからずです!

耳の外側、軟骨が赤く腫れて痛いと思ったら、早めに耳鼻科を受診しましょう^^

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ