熱湯で火傷した時の処置方法!ヒリヒリ痛いを治すにはラップが効く?

「火傷」は本当に焦りますよね?ですが、焦る事が一番禁物です。特に、子供さんが火傷をしてしまった時はお母さんが冷静になることが肝心です!

この記事では、熱湯で火傷した時の処置方法や、ヒリヒリ痛いのを治すためのラップを使用した処置について解説いたします。

覚えておきたい!火傷の応急処置

熱湯、火傷、処置方法、ヒリヒリ痛い、治す、ラップ、効く

子供さんが火傷をしてしまった・・・そんな時はお母さんが落ち着いて対応する事が肝心!

まずは患部を冷たい水ですぐに冷やします。衣服を着てた状態で火傷した時は、衣服を着たまま流水で対応すること。決して無理に脱がしてはいけません。皮膚がはがれる事がありますから。

そして、意外と知らないのが、火傷の時はどこの科を受診するといいの?ということ。

火傷の時に受診をするのは皮膚科形成外科になります。火傷でこの科を受診する人って、実際に多いのですよ。処置室で、両親に抱かれた子供さんが泣いている声をよく聞きました。

親も切ないのですが、起ってしまった事ですから、治るまで忍耐強く対応する他ないですよね。

そして、火傷とは最初の手当が後々に大きく関係します

「この位なら病院に行かなくてもいいかな?」とは、絶対に思わないでくださいね。火傷の程度によって、処置も対応も異なりますから、適切な処置方法を知る為にもまずは、専門医を受診する事が基本になります。

火傷も医学の発達に伴い、専門医が処置する事で綺麗に治る事あるのです。

「この位なら病院に行かなくてもいいかな?」この考え方は、きっと昔なら通用したのでしょうが、今はしっかりと受診しましょうね^^

火傷の程度により異なる、処置方法

熱湯、火傷、処置方法、ヒリヒリ痛い、治す、ラップ、効く

火傷は、症状により痛みが違います。ごくごく軽度の火傷から、重度の火傷の場合だと、患部の損傷や感染症を防ぐことが必要になる場合も。火傷の知識も奥深いものがありますから、専門医を頼る事が基本といっていいと思います。

念のため、どういった程度の火傷があるのかということや、程度ごとの処置方法を知っておきましょう。

1度熱傷・・・最も起こりえる事が多い火傷です。

熱湯が一瞬触れた・・・よくありがちなのが、子供がお茶をひっかけた!というもの。こうした事で、熱傷は皮膚の表面だけにダメージを受けています。

患部が赤くなり、腫れて痛みを伴いますが、こうした症状だと、病院での治療までは行きません。家庭での処置で十分です。

まずは上記の応急処置のとおり、患部を冷たい水ですぐに冷やしましょう。しっかりと手当てをすれば、皮膚の赤味も腫れも引き、自然治癒力によって回復します。

こんな時、効果を発揮してくれるのが、お馴染みのオロナインです。

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

 

2度熱傷・・・「水ぶくれ」が出来る事があります。痛みは、1度より激しいです。

原因で一番多いのが、沸騰したお湯に触れたり、若者に多いのですが、日焼けでも2度の熱傷になります

2度熱傷でも、すぐに冷たい水で冷やすという応急処置が大切。

また、水ぶくれは、潰してはいけません。万が一、水ぶくれが破れた場合は局部を流水で綺麗に洗い、抗生物質入り軟膏を塗ることで感染を防ぎます。清潔が肝心になりますので、軟膏の上から絆創膏やガーゼで覆う事のよいでしょう。

3度熱傷・・・重症な火傷になります。ただちに医療処置が必要です。熱い物に長時間触れた事が原因です。

火傷の損傷としては、皮膚の3層目に達します。皮下脂肪、筋肉、骨に迄影響を及ぼしている事も考えられます。患部白・黒に変色しています。

凍傷による火傷・・・最後は凍傷による火傷についてです。雪や氷等の低温物に長時間触れる事が原因の火傷です。

患部は3度熱傷の様に赤や白や黒に変色し、皮膚が温まる事で、痛みを感じます。かなり激しい痛みになります。凍傷は、重症度の扱いになりますから、すぐに専門医の処置が必要があります。

凍傷直後にすぐ出来る事は、37度から39度ほどのぬるま湯に患部を付ける事です。凍傷も皮膚の組織層を傷つけるため、火傷の扱いになります。

ヒリヒリした火傷の症状にラップが効く!?

熱湯、火傷、処置方法、ヒリヒリ痛い、治す、ラップ、効く

ラップを使った湿潤療法(モイストフィーリング)をご存知ですか?

湿潤療法(モイストフィーリング)は人間が持っている自然治癒力を最大限に発揮した治療方法で、火傷を治す事を目的としています。

用意する物・・・台所用ラップ・医療用テープ・白色ワセリン・包帯

NEWクレラップ ミニ お徳用 22cm*50m

 

優肌絆プラスチック(ゆうきばん)【肌に優しいサージカルテープ・粘着テープ・医療用テープ】

 

【お得】ヴァセリン ペトロリュームジェリー(保湿クリーム)大(368g)【ヴァセリン(Vaseline)】[ヴァセリン 368g ペトロリュームジェリー ワセリン]

 

レポSS No.4(10巻)【レポ】

 

ラップを使った火傷治療のやり方

火傷部分を覆う様にカットしたラップに白色ワセリンで皮膚を保護する→両サイドを医療用テープで止める→包帯を巻く

毎日傷と周辺を水洗いしてラップの交換をします。

夏場は汗でかぶれる事があります。1日に数回ラップを取り換える事によってかぶれを防ぎ、感染症等の予防にもなります。

子供さんの場合は、お母さんは、とても苦労するかと思いますが、綺麗な皮膚になるまで、まめに見て上げる事が必要になります。

ポイントは、消毒薬を使わずに処置をすること。「ばい菌」が気になって、消毒液を使いたくなると思いますが、消毒液を使わなくても、流水で洗い流すだけで、十分なのです。

消毒液は、ばい菌を退治するのですが、傷を消毒する事が、逆に人間の本来持っている自然治癒力を奪う事にもなり、傷の治りが遅くなります。

これは意外ですよね。ラップ治療では自然治癒力を最大限に活かした療法なので、自然治癒力を奪ってしまう消毒液には気をつけましょう。

また、傷は乾かさずに、湿潤状態を保つ事が良いのです。

理由としては、お母さん達はきっと見た事がありますよね?「浸出液」と呼ばれるのですが、よく垂れてくるイメージのある汁です。これは、傷を治すために必要な成分を含んでいるのです。とても大切なので、ガーゼをあてる事はしないでくださいね。

大事な成分が吸収され、せっかくの自然治癒力が無くなってしまいますから・・・

浸出液が多い時は、ラップの周りに、浸出液逃が流れる空間を作ってあげましょう。そうすることで、かぶれを防げます。

ラップ療法(湿潤療法)のメリットは?

Sponsored Link

ラップ療法だと傷の痛みを感じにくく、ガーゼを使用した時の様にはがすときに辛さがないのがメリットです。

ワセリンはあくまでも保湿剤ですが、乾燥による皮膚を守る役割がありますから、痛みが引いている様に感じるのです。

特に火傷のヒリヒリ痛い・ジンジンとした痛みにとても効きます

特徴的なこととして、かさぶたができません

かさぶたが気になっていじってしまい、再出血を起こすことがよくあると思いますが、くりかえすとどうしても傷がきれいに消えませんよね。

注意点ですが、赤く腫れ上がったりジンジンした痛みが続くようなら、医師の診察を受けて下さい

火傷は目に見えている以上に深いこともあります。何か気になることがあれば、すぐに皮膚科や形成外科にて診察を受けましょうね^^

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ