風邪の時お風呂に入ると熱が上がる?下がる?子供の場合は?

風邪の時、お風呂に入るかどうか迷いますよね。

熱が上がるのか?下がるのか?また、子供の場合はどんなことに気をつけたら良いのかをご紹介します。

風邪の時はお風呂に入る?

風邪、お風呂、熱、上がる、下がる、子供

昔から『風邪を引いたらお風呂に入ってはいけません』と言われてきましたが、この理由はきっと湯冷めをするからだろうな、と思っていたので、湯冷めに気をつけて私も子供も風邪を引いてもお風呂に入ります。

でも、無理には入りません。入れる体調の時だけ入る感じですね。

・ひどい下痢や吐き気がない
・高熱がない
・ひどい目眩や頭痛がない
・喉の痛みがない

子供にはこの4つを確認してから入らせます。

色々と調べてみると『風邪を引いたらお風呂に入ってはいけません』

この考えは日本の生活環境が生み出した習風みたいです。

昔の日本は銭湯での入浴が普通であり、お風呂がある家でも屋外にある事が多かったので、入浴後は冷たい外気にさらされてしまいます。

やはり、湯冷めする事で風邪が悪化するという理由で『風邪を引いたらお風呂に入ってはいけません』と言われていたのです。

今の銭湯はお湯に入るだけでなく、ゲームや喫茶などとても充実していますので、お湯に入ってすぐ帰宅していた昔とは違います。湯冷めをすることはほとんどないですね。

お風呂に入ると熱が上がる?下がる?子供の場合は?

スポンサーリンク

熱がある時にお風呂に入ったのが原因で熱が上がることなないようです。

ただ、疲労感が出るほどの熱いお湯や長湯はやめましょう。体力的が消耗してしまいます。

あとはやはり湯冷めに気をつけること。これさえ守れば風邪の時にお風呂に入るメリットは沢山あります。

・浴室内の湯気は喉の保湿対策になる

・身体全体の血行を良くする

・血管を拡張させ、鼻詰まりにも有効で新陳代謝も高めてくれる

・ウィルスや細菌に対する抵抗力が高まる

・体温を上げることで免疫力があがる

などです。

今はほとんどの家のお風呂が室内にありますので、外気にさらされることはありませんが、風呂上がりは体の水滴をきちんと拭き取り髪をきちんと乾かしたら沢山水分補給をして直ぐに布団に入るようにしましょう。

良い睡眠は風邪を治すためには非常に大切です。お風呂に入り、ぐっすり眠ることで免疫が風邪を倒してくれるので、熱が下がります。

なので、お風呂に入ったから熱が上がるというよりは、下がる効果が持てそうですね。

でも、あくまで自分の体調と相談して入ってくださいね。

熱があって辛い時にはやはり無理してお風呂に入るのではなく、睡眠をとることが一番ですから!

また、子供が熱を出した時の入浴も基本的な考えは大人と同じでいいようですが、子供には風邪以外の発熱原因は沢山ありますので、水疱瘡の初期症状で出る発熱等の入浴は控えるべきですね。

かかったことのない家族がいたら、お風呂でうつしてしまいます。

昔からの『風邪を引いたらお風呂にはいってはいけません』をまだ、頑なに守っている人がいたら、そっと教えてあげたいですね。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ