妊娠初期の飛行機は流産に影響する?国内ならOK?乗る時の注意点

妊娠初期の飛行機は流産に影響するのか?国内ならOKなのか?など、妊娠中の飛行機は何かと不安ですよね。

飛行機での旅行を予約した後に”妊娠してました”なんてこともあると思います。

飛行機ってお腹の赤ちゃんに影響がありそうな気がしますよね。私も実際思ってました。

せっかく授かった命だから、流産の可能性があることはしたくない!そういうプレママさんは多いはずです。でも、どうしても乗らなくちゃいけないことってありますよね。そこで妊娠中のプレママが飛行機に乗る時の注意点などをまとめました。

妊娠初期の飛行機、赤ちゃんへの影響と流産の可能性

妊娠初期、飛行機、流産、影響、国内、注意点

妊娠初期で飛行機に乗るというのは赤ちゃんや流産にどういった影響があるのでしょうか。

妊娠初期というのは流産しやすく、お母さんが無理をしてしまうと、赤ちゃんにも影響がでてきます。

わたしは仕事で少し無理をするとすぐにお腹が張っていました。

飛行機に乗ることは長い時間同じ姿勢でいることになりますが、そのことで酷く疲れてしまったり、お腹が張ってしまったりなんてこともあります。

妊娠初期は色々慎重になってしまう為”体調を崩したらどうしよう””周りの人に迷惑をかけたくないな”と思い、知らないうちに精神的にストレスを感じでいることがあります。

また、地上に比べると酸素が薄くなるので、大人でも酸素不足になる事から、お腹の中の赤ちゃんにも少なからず影響があるかと思います。

プレママさんが一位番心配する方が多いのは放射線の影響だと思います。

しかし実際には飛行機に乗る際の放射線の量ではほぼ影響がないと言えるそうです。

搭乗前のx戦検査も胎児に影響が出るようなものではありませんが、気になる方は申し出れば、簡単な身体検査で済むことが多いようです。

それなら安心ですよね。

また、妊婦さんは普通の方は以上にエコノミークラス症候群にかかりやすいので要注意です。

エコノミークラス症候群とは・・・同じ姿勢で長時間座っていることにより足の血液の流れが悪くなり、静脈血栓ができることがあります。この静脈血栓は、歩くことがきっかけで足の血管から離れ、その後血液の流れに乗って肺に到達し、肺の動脈を塞いでしまうとい、最悪の場合死に至る恐ろしい症状です。

これは飛行機のみならず、長時間の運転や座りっぱなしのオフィスでも起こりうる病気なので日頃から注意が必要ですが、妊婦さんの場合は特にエコノミークラス症候群にかかりやすいので要注意です!

以上の事から妊娠初期に飛行機に乗ったからといって流産する直接の原因になるとはいえませんが、飛行機に乗ることでの肉体的、精神的な負担の方が大きいように思います。

私事だからとついついいろんな事を我慢してしまいがちですが、妊娠中は我慢しないようにして下さいね。

妊娠初期の国内旅行なら大丈夫?

妊娠初期、飛行機、流産、影響、国内、注意点

妊娠初期の妊婦さんで飛行機を使った国内旅行をされる方は結構いらっしゃるみたいですね。

もちろん、皆さん旅行の前に医師に診察を受けたうえで行っています。

お腹が張りやすい体質の方や、要安静の方はキャンセルしたと言う意見が多かったです。

意見として多かったのが疲れやすいとのとでした。いつもならこれぐらいで済むような事も、妊婦さんにとっては思った以上に疲れるみたいです。

飛行機ではないですが、私も、車で1時間程の実家へいくのも妊娠初期(6w)の頃は大変で、何度も休憩をしてもらいました。

ただ座ってるだけなのにお腹が張ってきたり、気分が悪くなったりするんです。

わたしは車だったので、好きなときに休憩をして外の空気を吸ったりと気分転換を容易に出来ましたが、飛行機はそうはいきません。そういったことがトラウマになってしまう方も実際いるようなので、個人的にはあまりおすすめしません。

ただ、全く悪阻もなく、ほとんどお腹が張ることがないって言う方もいるので、自分の体調や性格、体質を考えて決めてくださいね。

ただ、何かあっても自己責任になるのでちょっとでも不安がある場合などは、キャンセルしたほうが無難ですね!

妊娠初期で飛行機に乗る際の注意点

Sponsored Link

妊娠初期で飛行機に乗る際の注意点をまとめました。

・通路側でトイレが近くバックルヘッド席を予約するようにする
バックルヘッド席というのは障害者や子供連れの人のための席で少しゆったりしているそうです。

・できることなら、エコノミークラス以上の席を選ぶ
値段が変わってきますが、少しでもゆったりと座れる席がいいですよ。

・母子手帳を持っておく
こちらも必須ですね。出先でなにかあっても母子手帳があればすぐわかります。

・マタニティマークの着用
妊娠初期は妊婦さんかどうか分かりにくいので、もしものことも考えつけておいたほうがいいです。

・つわりを緩和させる為の飴やお菓子を用意する
悪阻があるとお菓子類果てたら便利ですね。

・エチケット袋の用意
急につわりがきてもどしてしまうこともあるのでエチケット袋は多めにもっていたほうがいいでしょう。

・ブランケット
機内が、暑かったり寒かったりしますので、そう言ったときに調節出来るように持っていると役立ちます。飛行機で用意してくれる場合もあるので、事前に要確認ですね^^また、服装も調節しやすいものをおすすめします。

・マスク
機内は乾燥しやすいのでマスクで、乾燥対策をします。

・いつも以上に時間に余裕を持った行動を
時間に余裕を持つことで、気持ちに余裕ができます。

・炭酸飲料は飲まない
炭酸は気圧の変化で膨張して、お腹を圧迫してしまうので飲まないでください。

・動ける時には、動く
エコノミークラス症候群にならないためにも、動けるときは動くのが一番です。

やっぱり妊娠初期は心配事がいっぱいです。飛行機にのる時の放射線はとっても気になっていました。

赤ちゃんには影響がないとの事だったので安心しました。

妊娠初期は特にあれもこれもと気になりがちですが、一番はお母さんがリラックス出来る環境っていうのが大事なんですね。

ぜひ、妊娠中に飛行機を利用する際の参考にしてみてくださいね☆

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ