生理が来ない妊娠以外の原因は病気やストレス?病院に行くタイミングは

生理が年に数回しか来ない方!生理が来ないと楽でいいや!なんて思っていませんか?

わたしの知り合いにもそんな事を言っている方がいます。

でも、生理が来ないという事は病気の可能性もあるんです。

生理が来ない原因とは?

生理が来ない、妊娠以外、原因、病気、ストレス、病院、タイミングそもそも生理ってどんな時に来なくなるのでしょうか?

生理が来なくなる原因は、妊娠や、ストレス、薬の副作用、過度なダイエットや、過度な肥満、病気などが考えられます。

摂食障害
過度のダイエットや食事制限により、栄養が不足すると、生理不順や、生理が来なくなってしまいます。もちろん自分自身の栄養が足りていないので、妊娠もしにくくなると思われます。

わたしも、基本的に28日周期で来ていますが、仕事人間関係で悩んでいた頃や、仕事の忙しくてなかなか休みが取れなかった時期などは、生理が来ませんでした。

妊娠中もちろん生理は来ません。大体の人は、生理が遅れた時に、妊娠に気づくんですよね!私もそうでした。

この様に原因が容易に想像つく時は、いいのですが、中には生理が年に数回くればいいくらいの方もいますよね。
そんな場合病気の可能性が出てきます。

生理がなければ不安になるものと思っていた私ですが、中には楽だから来なくて良いのって思っている方もいる様ですが、本来くるべきものが来ていないというのは、身体に何らかの異常が起こっているという事なので、必ず病院へ行ってくださいね。

生理が来なかった時に考えられる病気は?

生理が来ない、妊娠以外、原因、病気、ストレス、病院、タイミング

では、生理が来ないとどんな病気が考えられるのでしょうか?

 

多のう胞性卵巣症候群
生理が来ない原因で一番多いと言われるのがこの病気で、卵巣の中に卵胞がたくさんできてなかなか排卵出来ない状態です。
不妊になる可能性もあるので、早めの受診が必要です。

無月経・乳汁漏出症候群
妊娠や出産をしていないのに、母乳が出てしまう病気です。
妊娠をしていないのに、妊娠中と同じホルモンバランスになり、生理を止めてしまうという事は、もちろん不妊の原因になります。

早発卵巣不全
生理の周期が長くなったり、無排卵や無月経の症状が出ます。
閉経に向かっているのと同じ症状になるんですが、この症状が20代や30代で出てきてしまうのがこの病気の特徴です。

閉経なる年齢の場合は問題はありませんが、若いのにこの症状が見られる場合、早くに閉経してしまい、妊娠する事ができなくなってしまいます。早めの処置が必要です。

生理が来ない時、病院へ行くタイミングとは

Sponsored Link

生理予定日から一週間くらいは遅れても様子をみます。ホルモンバランスってちょっとした事で変化しやすいので、一週間くらいズレるのはよくある事なので、あまり神経質にならなくて良いんですよ!

では一体どのくらい遅れたら病院に行くのが良いのでしょうか?

大体、1ヶ月生理が来なければ、一度病院で診てもらったほうが良いでしょう。

私は生理不順が無かったのに急に生理が1度来なかったのですが、仕事の忙しさとストレスが原因と考えられたので、病院へは行きませんでしたが、もしもの事が有るので、病院へ行く事をお勧めします。

生理はくるけど、生理不順が激しい場合も一度、病院で診てもらって下さい。

そこでちゃんと排卵されているのかなども診てもらえます。

病院って面倒ですが、生理不順などは、ホルモンバランスの異常を早く知る事のできるものなので、少しでも異常を感じた場合は、一度、病院で診てもらって下さいね。

まとめ

生理が来ないのは、様々な原因が考えられることがわかりました。

今回挙げたのは、生理が来ない事での直接関係している病気をあげましたが、生理不順などが続くと不妊症以外にも、大きな病気にかかる可能性も出てくるので、早めに病院へ行ってくださいね。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ