赤ちゃんのプールは何歳から入れる?水遊び用おむつでオススメは?

夏になるととても暑い日ばかりが続き、たまにはプールでもと思う方は多いのではないでしょうか?

そんな時、赤ちゃんがいると目が離せませんよね、赤ちゃんは何歳からプールに入れるのでしょうか?

また、水遊び用おむつでオススメなど、赤ちゃんのプールデビューに役立つ情報をご紹介いたします☆

赤ちゃんのプールは何歳から?

赤ちゃん、プール、何歳、入れる、おむつ、オススメ

私も今、一歳になる娘がいますが、今年の夏プールに連れて行こうかどうか悩んでいます。

一歳だとまだ早いのかなと思ってていて、自宅でビニールプールでもしようかなとかんがえてました。

自宅でビニールのプールに入れてあげるのは腰が据わってくる生後7ヶ月前後から大丈夫みたいです!

赤ちゃんの腰が据わってくる頃が目安なんですね。

数センチの水の量でも赤ちゃんにとっては命の危険が伴います。

もし、赤ちゃんがうつ伏せになるととっても危険ですよね。そういった事もあり、7ヶ月前後ということになります。

赤ちゃんの成長は個人差が大きいので、プールに入れても大丈夫かどうか、しっかり判断してあげてください。

大人でも結構疲れるプール、体力のない赤ちゃんは、短時間のプールでもかなりの体力を消耗する事が考えられます。

長くプールに入ることは風邪を引く原因にもなりますので、プール遊びもそんなに長い時間は、入れません。

大体20分くらいを目安に切り上げてくださいね。

公共の施設のプールですが、水遊び用パンツなら大丈夫というところもありますが、ほとんどの施設で、2〜3歳まで入る事ができないのです。

オムツが取れて、自分でトイレに行きたいと意思表示ができる様になるというのが、公共施設のプールの利用基準となります。

水遊び用のパンツは、ウンチのみをキャッチしますが、おしっこは垂れ流し状態になります。なので、他の赤ちゃんに、プール熱やウイルスを感染させてしまう事があるのです。

水遊びオムツのオススメ

赤ちゃん、プール、何歳、入れる、おむつ、オススメ

水遊び用パンツには、紙おむつタイプのものとパンツタイプのもの2種類があります。

〈紙オムツタイプ〉

オススメ1
グーンのスイミングパンツ

グーン(GOO.N) スイミングパンツ Mサイズ 男の子用(3枚入)大王製紙【グーン(GOO.N)】[グーン スイミングパンツ 男の子 m ベビー用品]

 

水をすっても膨らんだり、重くなったりしない、紙おむつタイプのものです。
水に濡れることで体にフィットしてくれるので、ズレたり、漏れたりするのを防いでくれるのでとっても人気があります。

 

オススメ2
ムーニーの水遊び用パンツ

水あそびパンツ Lサイズ9~14kg女の子

 

こちらも口コミで、水に濡れても膨らんだり、ずり落ちたりしないと大変人気があります。
デザインも水にまつわるディズニーキャラクターが描かれているのも、人気の理由です。

 

〈パンツタイプ〉
オススメ1
アイプレイ水遊びパンツと水着セット

iplay アイプレイ 水着 ワンピース UVカット オムツ機能付きで、水遊びオムツ不要★ベビー&キッズ UPF50+紫外線防止、日焼け対策!女の子用 ボーダー ピンク【18か月から3才】708090100 10P19Jun15

 

アイプレイ 水着 ラッシュガード 水遊びパンツ ベビー 女の子 スイムパンツ Swim Diaper 2pc Tankini Set

 

女の子のお母さんにはオススメ!水着セットになっているのっで、パンツ一枚で遊ばせなくて大丈夫なんです。少しお値段が高くはなりますがとっても可愛いですよ。

 

オススメ2
ハッピーナッピーオムツ機能付きスイムパンツ

ベビー 水着 水遊びパンツ オムツ機能付 水遊び用オムツ 女の子 男の子 赤ちゃん 子供 60 70 80 90 水遊び オムツ スイムパンツ ベビースイミング 保育園 スプラッシュアバウト splashabout

 

イギリスの水着ブランドの水遊び用パンツで、腰と足の付け根がフィットする様なデザインになっているため、ウンチ漏れを防いでくれるし、体温を保ってくれる、ネオプレン素材、紫外線をブロックしてくれる素材など、水着ブランドならではの機能が備わっています。デザインも10種類ほどあるのでお好みのものを選べます。

プールに入る時の注意点

Sponsored Link

赤ちゃんをプールに入れる時の注意点をまとめました。

〈水の深さ〉
プールを準備してあげる時に気をつけたいのが、水の深さです。
赤ちゃんはほんの少しの水の量でも、危険が伴います。
水は赤ちゃんの太ももの半分程度にしておきましょう。

〈紫外線対策〉
赤ちゃんは肌が弱いので、屋根付きプールや、日傘で日陰を作ってあげて
赤ちゃん用のウォータープルーフの日焼け止めもしっかり塗ってあげてください。

〈体温チェック〉
プールに入ると、体温が下がりすぎてしまう危険があります。
なので水の温度は24度以上と少しぬるめなくらいにして、時々体温をチェックしてあげましょう。

〈脱水対策〉
プール中は、思っている以上に汗をかいています。知らず知らずのうちに脱水になっていた!なんて事も実際起こっているんです。
なのですぐに水分補給ができる様に近くにお茶は用意しておいてくださいね。

まとめ

プールに入るのにも、赤ちゃんは色々なことに注意が必要なんですね(><)

私も今回調べたことに気をつけて今年、娘とプールをしたいと思います。

プールに集中しすぎて水分補給を忘れそうなので要注意ですね。

みなさんも楽しくプールデビューをさせてくださいね!

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ