お盆はいつから始まった?お供えの精進料理やおはぎの由来とは?

お盆の始まりはいつからなのでしょう?また、お盆月の違いやお供えする精進料理とおはぎについても一緒に紹介していきます。

お盆はいつから始まったのか?

お盆はいつから始まった、お供え、精進料理、おはぎ、由来

お盆の歴史は紀元前400年前までさかのぼります。

お釈迦様の弟子の母親を餓鬼から救う話から始まった行事なのです。

お釈迦様の弟子母親が蛾鬼道に落ち、逆さに吊るされて苦しんでいるのを助けるためにお釈迦様に教えをいただき、7月15日に供養をしたのがお盆行事の始まりと言われています。

そんな由来があったなんて驚きですよね。

日本では西暦606年に初めてお盆という行事が行われました。

江戸時代前のお盆は上流階級のみで行われていましたが、江戸時代になると一般庶民にも広がりました。

お盆は地域によって時期が異なることをご存知でしょうか?

7月のお盆(新盆)と8月のお盆(旧盆)の2つがあります。

全国的に見ると8月に行われる旧盆多いですが、7月に行われる新盆が主流の地域もあります。

お盆の時期が異なる理由は明治時代の改暦が関係していますが、新盆と旧盆の内容にほとんど差はなく行事や風習の内容に差があるのは地域による差です。

お供えの精進料理やおはぎを食べる由来とは?

スポンサーリンク

夏のお盆は精進料理を食べ、同じご飯を仏壇にお供えします。

精進料理とは肉や魚、豚、鳥などの肉類を使わずに豆腐や野菜を使った料理のことです。

特徴としては食材を生のまま使わずに、あく抜きや水煮をして手間をかけることです。

先祖の霊を迎え供養をする期間であるお盆。

13日の夜に先祖の霊を迎え入れ、16日の朝にお見送りします。

先祖の霊が自宅に泊まる14日と15日は家族と同じ食事をお供えします。

私の実家はお盆はいつも赤飯とおはぎでした。

14日におはぎを供えるのが一般的ですが、最近では毎日同じものをお供えするところもあるようです。同じものをお供えするのであれば毎日新しいものに取り換えご先祖様に失礼のないようにしましょうね。

おはぎをお盆にお供えするのは、小豆の赤い色が邪気をはらう、お餅は五穀豊穣に通じる、甘いものは貴重な食べ物なので特別な日にふるまう。などの由来があります。

今までお供えしていない人がいたら、ぜひお盆にお供えしてくださいね。

私の住む地域では8月がお盆の月ですが、隣の地域は7月です。精進料理よりももちろんですが、亡くなった祖母が大好きだった料理も毎日日替わりで供えます。

地域によってお盆の月や風習は違いますが、先祖の霊をきちんと迎え入れる気持ちを持ってお盆を過ごしたいですね。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ