雷対策、家の中ですることは?家電製品のコンセントを抜くべき?

ってとても怖いですよね。家の中にいても雷がゴロゴロなると『落ちてきたらどうしよう』と不安になります。

家の中でできる雷対策や家電製品のコンセントについてなどもご紹介いたします☆

雷対策、家の中ですることは?

雷対策、家の中、家電製品、コンセント、抜く

雷対策って、実際はあまり馴染みがないと思いますが、実際に被害にあってしまうと、日常生活にも影響が生じるんですよ。

損害は大きい物になります。今の時代はOA機器をに日常的に使っていますから、雷によって、機器類も被害を受ける事が実際に多くなっているのです。

私もパソコンを常に使用しているため、雷が鳴ると真っ先にパソコンの心配をします。

インターネット環境ですが、コンセントのモデムをつなげっぱなしにするのは止めましょう。

そして、日常的に使用するコンセントにも工夫しておくといいですね。

雷を遮断できるコンセントUPS(無停電電源装置)というものがあります。

シュナイダーエレクトリック(APC) 【Web専用モデル】UPS(無停電電源装置) APC ES 550 BE550G-JP E ※初期不良、修理問合わせは直接メーカーまでお願い致します(電話番号:0570-056-800)

 

機械をコンセントの間に取り付けておくといいそうですよ^^

雷の被害を受ける前に、事前に自分達で行える事はどんなことがあるでしょうか?まずは、自宅の中で出来る事から始めましょう。

家電製品はコンセントから抜く事は基本的な事になります。

二次被害・三次被害といった様に対策を講じておけば最小限の被害で済んだはずの事も、知識ないばかりに被害拡大何てことも実際にあります。こうした事を最小限にするためにも、次の様に方法を事前に取りたいものですね。

避雷器(ひらいき)という物をご存じでしょうか?

パナソニック(Panasonic) [BQX8200] 盤用 避雷器 単2用 02P06Aug16

 

パソコン等が被害を受けてしまうと、大変なので万一の場合を想定して、避雷器を付けて置く事をお勧めします。

延長コードのイメージで雷の被害から守りたい機器の手前に付ける事が出来るのです。

避雷器は、電話回線様や通信専用の物もあります。

また、分電盤に避雷器を付ける事も出来るんです。

家電製品のコンセントを抜く時の注意点

Sponsored Link

雷の被害から家財道具を守る為には、まず家電関係のコンセントは抜いてしまうのが、一番簡単で素早い対処方法になります。

ですが、家電製品ですから、それぞれの家電事に対処が違う事があるのです。物によっては、設定が初期化されてしまう事もあります。

こうした事になると、後からが大変な事になるでしょ?

こんな面倒な事を防ぐ為にも、家電それぞれの対処を知っておく事も大切な事なんですね。

夏場の必需品のエアコンは、アースを付けておくといいですよ。

(まとめ)サンワサプライ アースコード(5m) TAP-BBA5【×10セット】

 

洗濯機や電子レンジも同じ事が言えます。

また、OA機器関係なんかも、アースを取り付ける事によって、電流の流れを変える事になるので安全です。

また、雷の多い地方の方は日常的に雷についての対策として、電話線から誘導されてくる雷についての想定も必要になります。
こうした地域にお住まいの方は電話線やコンセントに雷ガードを装着するといいでしょう。安いものならば、500円から1000円未満で購入出来る商品です。

また、LANケーブルも日常的に抜いておく習慣がある位でいいと思いますよ。

まさに備えあれば憂いなしといった様に事前の知識で、身を守る事が必要ですね。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ