エコノミークラス症候群の初期症状とは?予防や対策でするべきこと

エコノミークラス症候群!良く聞きますね。飛行機に乗るからなるのではなく、同じ体勢で長時間いるからなるのです。

予防や対策をすることでエコノミークラス症候群を防ぐことができますので、ぜひ参考にしてください。

Sponsored Link

エコノミークラス症候群の初期症状とは

エコノミークラス症候群、初期症状、予防、対策

長時間同じ体勢で座っていると起こると言われるエコノミークラス症候群。

飛行機に長時間乗るときは注意するように言われますね。

長時間同じ体勢で座っていると、静脈に血の固まりができてしまいます。

このような血の固まりを血栓と言いますが、長時間同じ体勢でいることで血栓ができ、急に立ち上がると今度は急激に血流が循環し始めます。

そして、血栓が肺に到達してしまい、体全体の血管を詰まらせてしまうのです。

初期症状は足の痛みや痺れ、浮腫みが多いようです。

深刻な問題にならないためには、初期の段階で発見することが大切です。

2週間後、1ヶ月後迄気がつかず死亡してしまうケースもあります。

飛行機に乗っている時よりも、降りて2時間後から1ヶ月後に症状が出る人が多いので注意が必要です。

足の痛みや腫れ、息苦しさや胸の痛みを感じた時はすぐに病院で見てもらって下さい。

Sponsored Link

エコノミークラス症候群の予防や対策でするべきこと

エコノミークラス症候群は予防法もありますので、きちんと予防しエコノミークラス症候群にならないように気をつけましょう。

エコノミークラス症候群を予防するためには、血栓を作らないようにすることが第一です。

高血圧や糖尿病などの病気はあらゆる血管を劣化させます。

そのため、血栓が起こりやすい状態にあるのです。

妊娠や出産などでのホルモンバランスの変化によっても血栓ができやすくなります。

血栓ができやすい体の状態で、長い時間同じ体勢を取っているとエコノミークラス症候群になる可能性は高いです。

予防法と対策としては、

・こまめに水分を補給する

・適度に動く

・ゆったりとした服を着る

・足を組まないようにする

・アルコールは控える

この5つです。

オフィスでも、バスの中でもエコノミークラス症候群になる可能性はありますので、日頃から予防を心掛けたいですね。

どうしても、同じ体勢で長時間過ごさなければならない時は、こまめに足首を回したり、頻繁にトイレに行き歩くようにするなど、できる予防をこまめにして下さいね。

屈伸も効果的です。

エコノミークラス症候群は未然に防げます。

しかし、知識がないと未然に防ぐことはなかなか難しいです。

まずは、血流を悪くしないようにこまめに体を動かすことが一番です。

楽しいはずの旅行が台無しになる可能性があるエコノミークラス症候群。

日頃から健康管理にきをつけ、エコノミークラス症候群になりにくい体を作って欲しいです。

Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ